(株)沖成コンサルタント:CIM(3D-CAD)によるイノベーションを沖縄から発信

資格試験への挑戦

資格試験への挑戦

設計部の大浜です。
11/11(日)にRCCMの試験がありました。
画像の説明
午前中は問題Ⅰの経験論文です。【2時間】
受験申し込み時に書いた『業務実績証明書』の中から、3つの業務を選択して
経験論文を書き上げます。
(1) 業務の名称、発注者名、履行期間
(2) 業務の目的
(3) 業務の内容
(4) あなたの果たした役割
(5) 技術上の問題点とその対応
(6) 業務の実施上の問題点とその対応
(7) 上記(5)(6)の対応について、現時点での評価
あれだけ暗記したのに、試験が始まると頭が真っ白になってしまって、なかなか手が進まない・・・
何度も書き直していたので、時間ギリギリまでかかってしまいました。

午後からは、問題Ⅱ・Ⅲ・Ⅳです。【3時間25分】
問題Ⅱは、一般問題『RCCM制度や入札方式など』について出題されます。
過去問を勉強していればクリアーできる問題なのですが、前回は問題Ⅱで点数が取れず、不合格となりました。
今回はどうなるか・・・

問題Ⅲは、選択記述として『技術向上への取組み・品質確保・コスト縮減など』について1600文字以内に記述し、あと指定された
キーワードを4つ使うことも要求されます。
3問が出題されて、毎年1問だけは同類の問題が出題されるので、山を張っておりましたが・・・外れでした。
本当に意地悪な試験です。
予想していた問題が外れてしまったので、キーワードで使えそうな問題があったので、それを使って書き上げることができました。
あまり自信はありません。

問題Ⅳは基礎・専門択一問題として『土木関連技術の必要基礎知識と、専門技術知識』について
出題されます。
過去問をある程度勉強していればクリアーできる問題なのですが・・・これも自信がありません。

画像の説明
さてさて、どうなることやら

コメント


認証コード9044

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional