(株)沖成コンサルタント:CIM(3D-CAD)によるイノベーションを沖縄から発信

未来の技術者の誕生か?

未来の技術者の誕生か?

CIM推進室の大浜です。

休日を使って、子供に『SketchUp』を使い方を教えてみました。
画像の説明

使い方を少し教えただけで、道路・花だん・建物などをモデリングして
ミニミニ町を作り上げました。
画像の説明

『SketchUp』を使っての感想を聞いてみたら、「楽しかった」と
言っていたので、またやってみたいと思います。

画像の説明
正方形の箱を積み上げて、建物などを作ったりする『マインクラフト』
というゲームにハマっていて、立体的に組み立てるのに慣れている
のかもしれませんね。

この子が成人する頃には、3D-CADを使って設計・計画をすることが
一般的な時代になっているんでしょうね。

未来の技術者となるのかも?

コメント


認証コード3378

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional